◇特定法律問題

2012年10月31日 水曜日

いじめは犯罪?ではない?

【学校問題>いじめ>「犯罪」か?】
 少し前の話ですが、平成24年8月12日、大津市立中学2年の男子生徒の自殺問題を巡り、いじめや自殺について考える教育シンポジウムが開かれたそうです。
  全教滋賀教職員組合などが主催し、福井雅英・北海道教育大教授をコーディネーターに中学教諭や保護者、弁護士らが意見交換なさったそうです。
 その中で、ある中学教諭は「いじめイコール犯罪とすると、子どもや教員が萎縮するのではないか」と発言されたとのことです。これに対し、シンポジウムでは、「強い者が弱い者をいじめるのは犯罪だ」「いじめを犯罪ととらえることが重要で、前科がつかないレベルで対処すればいい」など反対意見が相次ぎました。
 
 この教師は、「子どもや教員が萎縮する」といいますが、私は、悪ふざけを認めるべきではなく、是非萎縮して欲しいと考えています。萎縮して、『「この発言をして良いのだろうか」「これくらいはふざけと言うことで、相手も苦笑で済ませてくれるだろうか」と思いをめぐらせ、相手に「どう伝わるか」「どう感じられるか」を考えること』が、その当人の成長に繋がると思います。
  私は、いじめ行為は、それぞれ「暴行罪」「強要罪」「恐喝罪」「器物損壊罪」に該当する犯罪であることをはっきりの認識させることが教育の第一歩だと思っています。

投稿者 河原 誠


住所:
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-4-5
西天満ワークビル8階
受付時間:
月 ~ 金:午前9時30分~午後6時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら