◇特定法律問題

2012年11月14日 水曜日

いじめは犯罪なのです。

【学校問題>いじめ>犯罪行為】
 私は、いじめ行為は、それぞれ「暴行罪」「強要罪」「恐喝罪」「器物損壊罪」に該当する犯罪であることをはっきりの認識させることが教育の第一歩だと思っています。
 
  法律の世界でも、「肩を叩く」行為それ自体、刑法208条に規定されている「暴行」に該当するということをご存じですか?
  行為者の意図を無視して客観的な行為のみ取り出せば、叩くことは「暴行」行為なのです。そのような「暴行」について、正当性、社会性、責任などのフィルターをかけて、犯罪になる「暴行」を振り分けていくのです。「正当防衛」「正当業務行為」「責任能力なし」などは、行為としては、犯罪の行為と同じであるが、犯罪にならないというのもこの処理の過程で振り分けられた結果です。
 
  社会通念と論理で構築されたフィルターにかけられて、初めて他人を叩く行為が挨拶であり、肩たたきであり、スポーツになるのです。
 自分のストレス解消、他人を笑いのネタにするためになされる暴行は、明らかに犯罪なのです。

投稿者 河原 誠


住所:
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-4-5
西天満ワークビル8階
受付時間:
月 ~ 金:午前9時30分~午後6時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら