◇特定法律問題

2012年11月28日 水曜日

実名報道の是非

 罰金刑を受けたスナック経営者の実名や年齢住所などを放送した報道に対して、スナック経営者が申し立てた「軽微な罰金刑だったのにプライバシーを公開しすぎだ」との申告を容れ、BPOは、この報道に対し、重大な問題があると勧告したそうです。
 では、どのような案件であれば、人権への適切な配慮を欠いているのか、いないのかの判断はどうすればよいのでしょうか?基準が何ら示されておらず、行き当たりばったりの感を免れません。
 先日は複数のテレビ局が、尼崎の連続死体遺棄事件?の中心人物の顔写真を間違えて報道して謝罪するという失態を犯していました。
 翻って考えるに、本当に、犯罪者の顔写真や住所まで明らかにする必要があるのでしょうか? 

 私は、犯罪者の氏名や顔写真住所などは、報道する必要は無いと考えています。

 間違った顔写真を報道したテレビ報道は、そのためにニュース価値が減じていたでしょうか(もちろん、間違えられた無関係の方にとっては耐え難い屈辱だったと思います)?報道すべきは事件の内容、契機、動機、背景など視聴者の生活に影響し、その生活行動を視聴者が律するに必要な情報で十分ではないでしょうか?


ANNニュースより
 警察に逮捕された経営者の顔や住所を放送したのは人権侵害だとした問題で、BPO=放送倫理・番組向上機構はテレビ神奈川に対し、放送倫理上、重大な問題だと勧告しました。

 BPOの勧告を受けたのは、今年4月11日にテレビ神奈川が放送した「tvkNEWS930」です。このなかでテレビ神奈川は、無許可営業のスナック摘発を報道した際、現行犯逮捕された経営者の顔のアップや実名と年齢のほか、住所などを繰り返し放送しました。これに対して経営者などは「軽微な罰金刑だったのにプライバシーを公開しすぎだ」として、人権侵害の申し立てをしていました。BPOの放送人権委員会は「人権への適切な配慮を著しく欠いており、放送倫理上、重大な問題がある」としました。テレビ神奈川は、「決定を真摯に受け止め、今後の取材活動や放送に反映させるよう努めたい」とコメントしています。
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221127053.html

投稿者 河原 誠


住所:
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-4-5
西天満ワークビル8階
受付時間:
月 ~ 金:午前9時30分~午後6時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら