◇特定法律問題

2012年12月22日 土曜日

見張り取り巻きの子らの問題点(1)

【少年事件>少年のタイプ>見張り取り巻き】
 少年事件は、往々にして、強い実行犯と取り巻きの見張りその他見ているだけのタイプの二つに分かれます。
 
  しかし、特に少年事件においては、実行犯といっても、取り巻きの子らがいなくなると、そこまでの行為をする強さ(間違った強さですが)を持たない子が多いのです。
  周囲にカッコいいところを見せようとして、舞い上がってエスカレートしているのです。
 取り巻きの子が居なければ、何も出来ないただの「へたれ」の場合が多いと思います。

 このような子にとっては、見張りだけの子の存在がかっこつけのための大きな動機付けになってしまっているのです。

 つまり、見張りの子が辞めて帰ってしまえば、事件が成り立たなかった案件は多いと思います。見張りの子の存在が事件を発生させエスカレートさせていることは、経験則上明らかなのです。

投稿者 河原 誠


住所:
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-4-5
西天満ワークビル8階
受付時間:
月 ~ 金:午前9時30分~午後6時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら