◇弁護士 河原 誠の解決事件簿コラム

2013年12月25日 水曜日

破産免責は得たものの。

 平成13年春ころの案件でした。

 少し蓄えがあったが、会社で給料の遅配が続いたので、次の職場を決めもせずに退職したが、すぐ見つかると思っていた次の職場が見つからないまま、サラ金で生活費を借りて首が回らなくなったという依頼者の案件がありました。少し、特徴的な支出の額が多く、裁判所から問題点を指摘された案件でしたが、無事、破産者審尋、免責審尋を求められることもなく、書面審査で無事、破産決定、免責決定を得ました。
 
 預かった書類を返し法テラスへの報告を済ませて、過去の事件と意識にも上っていなかったのですが、先日、新聞を開いてびっくり。

 その依頼者が窃盗で捕まっていました。生活圏も同じで、特徴ある理由で借金が膨らんでいましたし、名字も初めて聴く名字でしたので、まず、本人に間違いありません。破産免責手続としては、スムーズに処理できていたので、問題はないのですが、やはり、依頼者が逮捕されるとやりきれない思いに苛まれます。

投稿者 河原 誠


住所:
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-4-5
西天満ワークビル8階
受付時間:
月 ~ 金:午前9時30分~午後6時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら