※ひとりごと

2014年9月10日 水曜日

離婚届とお役所仕事

 先日来、離婚の協議がなされており、やっと、離婚届を出すことになる。関係者、これであとは事務手続だと肩の荷を降ろそうとしていた。ウチの依頼者である夫が、S市役所に届を提出。一緒に、妻が今までの姓を使って新しい戸籍を作ると言う書類も提出。

 ところが、新しい戸籍を管轄するT市役所から受け付けられないという返事(だったそうな)。吹田市役所は、そのままウチの依頼者に突き返した。「新戸籍の申請書類は、受け付けられません。と豊中市役所が言っています」。

 おい!ウチの依頼者は、妻の記載がおかしいんだと、カンカン。先方は、実家の戸籍と同じ戸籍上の住所を書いたはずなのに?と不審顔。


 先方弁護士が双方市役所に電話をして、無理矢理聞き出した理由とは!


  「123番」で戸籍は受け付けられません。「123番地」でないと・・・。

 いくら何でも、無愛想すぎるのでは?何のために、捨て印まで押しているのか?おかげで、弁護士2人と当事者2人大騒ぎ。私は豊岡出張の特急の中で、事務所から連絡を受け、事務所と依頼者にスマホメールでやりとり。只それだけで、大騒ぎでした。

 こんどから、依頼者には時間外受付か、郵送で届を出すようアドバイスをしようかしら。

投稿者 河原誠法律事務所


住所:
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-4-5
西天満ワークビル8階
受付時間:
月 ~ 金:午前9時30分~午後6時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら