※ひとりごと

2014年9月26日 金曜日

保釈許可決定出ました。

 国選で請けている窃盗・暴行被告事件(盗品は現場で被害者が奪還)。一部被告人が争いたいというので、第1回公判で証拠の認否は留保しています。幸い?追起訴があったので、その証拠とまとめて認否すればよいことになっています。

 さて、裁判官の手元に証拠がいく前ですが、保釈許可決定を得ることが出来ました。

 ただ、保釈金額は180万円とこの種の事件にしては、少し高額。一部否認するかもしれないという点が、「逃亡の危険」(保釈不許可事由)の可能性が比較的高いと判断されてしまったのかもしれません。



投稿者 河原誠法律事務所


住所:
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-4-5
西天満ワークビル8階
受付時間:
月 ~ 金:午前9時30分~午後6時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら