※ひとりごと

2015年1月25日 日曜日

自転車運転の「危険行為」(改正道交法)

 近時、スポーツ自転車ブームを反映して、自転車事故が目立ち始めたことから、道路交通法の施行令が閣議決定されました。平成27年6月1日から施行されます。

 閣議決定された改正道交法の施行令では、信号無視や酒酔い運転、ブレーキのない自転車の運転など14項目に関して「危険行為」と定められています。
 この「危険行為」について、3年以内に2回以上違反し、摘発された悪質運転者には、安全講習が義務化されています。
 つまり、警察庁によりますと、違反をした運転者が2回以上、交通違反切符を交付された場合、講習を受けなければいけないということです。

 良くありそうな「危険行為」の類型としましては、携帯電話を使用しながら走行していて、事故を起こした場合などがあります。他にも、一時停止や歩道での徐行運転義務の各違反、ブレーキのない自転車の運転などは、「危険行為」とされているので、お気をつけ下さい。

 なお、掲げられている14の「危険行為」は、下記のとおりです。

    信号無視
    通行禁止違反
    歩行者専用道での徐行違反など
    通行区分違反
    路側帯の歩行者妨害
    遮断機が下りた踏切への立ち入り
    交差点での優先道路通行車の妨害など
    交差点での右折車優先妨害など
    環状交差点での安全進行義務違反など
    一時停止違反
    歩道での歩行者妨害
    ブレーキのない自転車運転
    酒酔い運転
    携帯電話を使用しながら運転し事故を起こしたケースなどの安全運転義務違反



投稿者 河原誠法律事務所


住所:
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-4-5
西天満ワークビル8階
受付時間:
月 ~ 金:午前9時30分~午後6時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら