※ひとりごと

2015年3月16日 月曜日

裁判所のPC用書式の形式

 この4月から、破産手続開始決定申し立ての書式がバージョンアップする(大阪地裁用)。

 そのフォーマットが大阪弁護士会のHPで公開されているが、ワードとエクセルのみであった。

 う~ん。花子とまではいわないが、「一太郎」用フォーマットはどうなっている?国家機関ベースの書式に、国内企業のワープロソフトを無視するのは、いかがなものか?それとも、一太郎のシェアがそこまで落ちているのか?

 ワードのお節介機能が嫌いで、10年前の一太郎を使っている自分は単なる頑固者なのだろうか?


・・・・もちろん、ワードも必要に応じて使いますが。依頼者からもらうワープロ文書はワードが圧倒的に多いので。


投稿者 河原誠法律事務所


住所:
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-4-5
西天満ワークビル8階
受付時間:
月 ~ 金:午前9時30分~午後6時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら