◆刑事事件

2022年2月28日 月曜日

時価ってなんだろう?

 本日、国選刑事事件の判決がありました。追起訴3件(一通の起訴状に複数の犯罪の起訴がされていたりするので、事件数は8件。
 そのうちの窃盗の部分で、とあるブツの被害額として、時価40万円として起訴されました。

 検察側は、定価70万円のブツについて、40万円の時価として半額強の時価設定です。しかし、ネットで調べるとそのブツは40万円~50万円(新品)で売却されています。そうなると、現実問題としては、ほぼ新品を購入できる額が被害額として起訴されていることになります。
 弁護人としては、定価が70万円だとしても、新品の実勢価格が40万円~50万円であれば、被害ブツは中古なのだからもっと被害額は低いはずだと争い、破産事件の時に世話になる引取業者さんにお願いをして、購入見積書を作成してもらいました。その結果、20万円なら引き取るというものでした。

 この見積書を証拠として提出しましたところ、判決ではブツの被害額は20万円と認定されました。これが量刑に影響したかどうかは分かりません(国選弁護報酬には影響しません)が、少しでも被告人の利益になる活動はやらなければなりません。

 時価って、その財産を換金した時の評価額だというのが今回の判決の結論でした。しかし、その財産を再度入手するために必要な金額となると、話は変わってきます。何気なく使っている言葉ですが、法廷では結構詰めて考えないといけないのです。



投稿者 河原誠法律事務所


住所:
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-4-5
西天満ワークビル8階
受付時間:
月 ~ 金:午前9時30分~午後6時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら