◇特定法律問題

2013年11月12日 火曜日

全弁協の保釈保証書発行事業

弁護士会の協同組合の連合会が、保釈保証金の立て替えと同じ機能のある制度をこの夏に発足させています。大阪では8月に案内がありました。

この制度は、保釈金を納入する代わりに被告人が逃走したりした場合には、必ず裁判所が決めていた保釈保証金を支払いますという念書?みたいなものを裁判所に提出して、保釈保証金を払ったこととして貰う制度です。裁判所が認めた主体が保釈保証書を裁判所に提出することによって、財産の乏しい被告人でも、保釈のメリットを享受することが出来る様になります。

 ただ、自腹を切っていない被告人にとって、逃亡等への抑止力が低下してしまうことは間違いなく、新たな火種にならないか心配も残ります。

投稿者 河原 誠 | 記事URL

2013年11月 7日 木曜日

無事不起訴に。

 10月半ばより、3週間ほど、連日の接見その他の対応に走り回っていた案件について、検察は依頼者を釈放しました。とりあえず、良かったです。

 なんとか、起訴期限寸前に、相場より高額の示談が成立しましたので、それが効いたのだろうと思います。

 ただ、釈放理由は、「勾留の理由なし」というものです。今後、起訴しないということは検察は絶対にいってくれません。依頼者は、時効成立まで起訴されるのかどうか不安なままで過ごさなければいけません。これはこれで、酷な話です。制度上、何とかならないのか悩ましい問題です。

 少しだけなされた報道では、「不起訴」と表現されていたのは、ありがたいことです。検察も、蒸し返しはしづらくなるでしょうから。

 案件的には、不起訴は妥当だと思いますし、公判請求されたら、色々争うべきところがありました。
 なにはともあれ、良かったです。

投稿者 河原 誠 | 記事URL

2013年11月 1日 金曜日

連日の接見

 今月初めに受任した傷害示談交渉事件。途中で、依頼者が出頭逮捕というシビアな経過を辿り、示談の打ち合わせ、元気づけその他のために、連日の接見。接見が終われば午後11時過ぎのことも度々。

 弁護人等以外との接見禁止も付く中、両親との接見禁止の一部解除を得る。

 共犯者の弁護人との情報交換、ご両親婚約者への説明等もあり、通常事件には明らかに影響が(皆さんごめんなさい)。

 その後、無事、示談成立。婚約者の接見禁止も解除を得ました。

 あとは、検察が公判請求するのかどうか?机上の議論では、共犯関係が成立するのか?裁判で争ってみたい論点があるのですが、我々実務家の案件では依頼者の生活がかかってます。公判請求されませんように。

投稿者 河原 誠 | 記事URL


住所:
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-4-5
西天満ワークビル8階
受付時間:
月 ~ 金:午前9時30分~午後6時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら