◆刑事事件

2013年8月30日 金曜日

無理な罪名(その2)

 強盗致傷罪とは、「強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。」と規定されています(刑法240条)。
 
 法律を読むときの作法を、今回の案件に当てはめてやってみます。
 
 今回の私の依頼者が、「強盗」なのか、「人を負傷させた」のかを考えることになります。では「強盗」とは何なのか?「人を負傷させた」とは何なのか?

 「強盗」とは、脅迫や実力行使などによって他人の財物を無理矢理奪うことです。
 依頼者は、コミックスをそっと鞄に入れて店外に出ようとしたところを、警報が鳴り逃げ出したのですから、明らかに「脅迫や実力行使などによって無理矢理奪った」訳ではありません。いわゆる窃盗です。しかし、「窃盗(犯)が、財物の取り返しを防ぐため、逮捕を免れるため、または、罪証隠滅のために、暴行・脅迫をする」場合も、強盗として扱うという条文が刑法238条に規定されています。この条文にあたれば、私の依頼者も立派に「強盗」となるわけです。
 窃盗罪は、「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」と規定され(刑法235条)、有期懲役刑は、原則として1か月以上20年以下の期間が指定される(刑法12条1項)ので、最短は、1か月です。・・・強盗罪とは、短期で大きく違いますね。また、強盗致傷と認定されると法律の減軽事由を2つ重ねないと執行猶予がつけられません。なかなか執行猶予はつかない犯罪です。

 弁護人としては、出来るだけ窃盗での起訴、裁判を求めたいところなのです。

投稿者 河原誠法律事務所 | 記事URL

2013年8月26日 月曜日

無理な罪名(その1)

 8月初めに当番弁護に出動し、そのまま被疑者国選弁護人に就任した案件は、一つ間違えば面倒なことになるところでした。

 弁護士会から出動要請を受けた段階では、「窃盗」事件。被害品は、コミックス14冊。
 ところが、その日の夜(昼間は被疑者が勾留質問のため、裁判所に連れて行かれていたので)、面会した際には、罪名が「強盗致傷」になっていました。強盗致傷だと裁判員裁判となってしまいます(当方としても、色々と調べないといけないことが増えますし、各裁判員への日当など税金も投入されます)。被疑者に聞くと、"店を出て自転車で逃げようと敷地内を走っているうちに、店員さんに追いつかれタックルを受けた。バッタリ自転車ごと転けたところ、今日(事件数日後)、店員さんが骨折していたことが判明した"ということでした。

 店員さんの被害が大きいので、警察は、「強盗致傷」で勾留請求をし(勾留決定を得て)、取り調べをするということらしいです。

 これって、強盗致傷になるのでしょうか?・・・続く

投稿者 河原誠法律事務所 | 記事URL

2013年7月30日 火曜日

大阪府警堺北署の誤認逮捕

■ 被告人の方は、無罪の判決を得ておきたいと思うことは、当然だと思いますが、やはり、検察自身が無罪を確信したのであれば、起訴を取り消すことが刑事手続の適正な運用だと思います。
 警察は、これに懲りて、もっと被疑者の言い分の裏付け捜査を行って欲しいと思います(被疑者の言い分が嘘であることが捜査で判れば、それはそれで被疑者の有罪がより濃くなるわけですから、警察としても無意味な捜査ではありません)。
 誤認逮捕は、誤認された人の生活を蝕むことはもちろんのこと、真犯人を取り逃がす重大なミスです。この意味でも、逮捕した人物のアリバイの裏付けを取ることは重要な警察の仕事だと思います。

http://mainichi.jp/select/news/20130730k0000e040186000c.html



投稿者 河原誠法律事務所 | 記事URL

2013年7月18日 木曜日

ストーカー規制法・DV防止法

ストーカー規制法・DV防止法が改正されました。
ストーカー規制法は一部を除き平成25年10月に、DV防止法は平成26年1月に施行される見通しです。

ストーカー規制法
・執拗なメールをつきまとい行為に追加されました。
・被害者の住所地だけでなく、加害者の住所地の警察や公安委員会の警告や禁止命令をだせるようになりました。
・警察が警告を出したら、速やかに被害者に知らせ、警告しない場合はその理由を通知するよう義務化されました。


DV防止法
・対象者を「生活の本拠を共にする交際相手」まで広げました。
・加害者と同居しているデートDVの被害者も、全国にある配偶者暴力相談支援センターなどに相談し、一時保護を受けられる。加害者に対し接近禁止や退去などの保護命令をだすよう、裁判所に申し立てることも可能になる。同居期間は問わず、同居解消後に引き続き暴力を受けている被害者も適用範囲となりました。

投稿者 河原誠法律事務所 | 記事URL

2013年7月 1日 月曜日

詐取金回収する「受け子」と引き出す「出し子」は"使い捨てのコマ"

 自ら、トカゲのしっぽになってしまうバイト感覚の若い人たち・・。もったいない。前科つきます。考えようよ。

 「クロサギ」ってまんが読んで、大人の悪い奴らがどれだけ君たちを食い物にしようと狙っているか考えてよ。

 犯罪の大元側は、仕事の中身を「集金」と称し、犯罪の匂いを極力消して勧誘しようとする。とはいえ、逮捕後に「犯罪だとは知らなかった」という言い訳が通用するほど、世の中は甘くない。 <産経の記事です。

 本当に、安易に犯罪に手を染める若い人が多い。道徳科目化の前に法律の科目化をして欲しい。

投稿者 河原誠法律事務所 | 記事URL


住所:
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-4-5
西天満ワークビル8階
受付時間:
月 ~ 金:午前9時30分~午後6時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら