ホーム > 遺産相続
相続について

相続について

こんなことでお悩みではないですか?
相続人同士で争っている、被相続人に借金がある、相続財産の分け方に迷っている、相続手続きが難しくて理解できない、遺言を書こうと思っている、他の相続人に弁護士がいる、遺産分割の結果に正直 納得できてない、遺言に疑問がある
問い合わせフォーム

相続について

 相続財産の分け方は、遺言がある場合と遺言がない場合では違います。

 一般的に、遺言がある場合を「遺言相続」と言います。
 また、遺言がない場合のことを「法定相続」と言います。

 遺言のあるなしによって、その後の手続きが変わってくる為、まずは遺言の存否を確認して下さい。

遺言相続について

 被相続人が遺言を残した時に、遺言に従い遺産を相続することを「遺言相続」と言います。
 しかし、遺言には民法で定められた要件がり、その要件に満たしていない時は無効となります。

法定相続について

 被相続人が遺言を残してない場合は、民法に定められた要件に従い、遺産を相続します。
そのことを「法定相続」と言います。
 また、遺言がない場合は、相続が始まると同時に遺産は共同相続人の共有になります。

法定相続人の範囲と遺産分割

法定相続人の範囲と遺産分割

法定相続分

【第1順位】
配偶者と子

配偶者1/2
子1/2(子が数人あるときは1/2を頭割り)
ただし、嫡出でない子は嫡出子の1/2
直系尊属と兄弟姉妹は相続人になれません

【第2順位】
配偶者と親
(祖父母、曾祖父母)
配偶者2/3
親(祖父母、曾祖父母)1/3
親が数人あるときは1/3を頭割り
【第3順位】
配偶者と兄弟姉妹
配偶者3/4
兄弟姉妹1/4
兄弟姉妹が数人あるときは1/4を頭割り
ただし、片親違いの兄弟姉妹は被相続人と父母を同じくする兄弟姉妹の1/2
子が被相続人の
前に死亡
子の子(孫)が代襲相続する
兄弟姉妹が被相続人の
前に死亡
兄弟姉妹の子(甥姪)が代襲相続する
兄弟姉妹に再代襲はない

相続放棄について

 被相続人の借金等負債が大きく(負債も相続します)相続したくない場合には、家庭裁判所に相続放棄の申述をする方法があります。
 原則相続を知った時から3ヶ月を経過してしまったり、相続財産を処分するなどの一定の行為をしていると相続放棄できない場合があります。

 相続放棄すべきなのか、そのまま相続を受けるようにするのか、どちらにしても、3ヶ月経過する前に、弁護士までご相談ください。


住所:
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-4-5
西天満ワークビル8階
受付時間:
月 ~ 金:午前9時30分~午後6時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら