金銭トラブル 裁判

  • 債権回収を弁護士に依頼するメリット

    個人で催告書を作成したり、裁判所に申立てをすると書類の準備や作成などでかなりの時間がかかってしまう場合があります。専門家の弁護士に依頼をすることによって、上記の書類の準備や作成を即時に行うことができるほか、今まで自身で催告をしても弁済をしなかった相手が、弁護士からの催告書を見ることで即座に支払ったというような解決...

  • 一般企業法務、顧問弁護士業務

    もっとも、個別的な事件の依頼や裁判の依頼をする場合は、別途、費用を支払うことが必要です。 顧問弁護士を雇うことで、日ごろからリーガルチェックを受けることができ、予防法務によるトラブルの防止が望めます。そして、トラブルが生じた際の対応もスムーズです。そのため、顧問弁護士には大きなメリットがあるといえます。 企業法務...

  • 貸したお金を返してもらう方法

    民事調停と支払い督促は、前述した督促による回収方法や示談による回収方法とほとんど内容は変わりませんが、裁判所が介入してくれる点で、実効性が増すといえます。そして、貸し借りの金額が60万円以下の場合、少額訴訟という手続きを利用できます。この手続きは、短期かつ低額の訴訟費用で問題を解決することが出来ます。 金銭トラブ...

  • 個人間金銭トラブル・借金の悩み

    友人にお金を貸したが返ってこないなど、個人間金銭トラブルを解決するためには、弁護士に相談することをおすすめします。詐欺罪を訴えて警察に相談する方がいらっしゃいますが、金銭トラブルは基本的に民事の問題なので、まずは弁護士に事情を話してみてください。 弁護士に依頼するとなれば、当然弁護士費用がかかります。トラブルにな...

  • 遺言書がある場合の相続

    そうしたおそれを回避するため、自筆証書遺言および秘密証書遺言については、家庭裁判所において公に遺言書内容を明確にし、その後の偽装・変造を防ぐ検認手続きが必要となり、前述のように勝手に開封してはならないと規定されています。 これに対し、公正証書遺言は遺言内容について公証人やその他証人とチェックされるのみならず、遺言...

  • 離婚調停とは

    離婚調停とは、夫婦間における話し合いによって離婚について合意に達しなかった場合や夫婦の一方が配偶者との話し合いを避けたい場合などに、家庭裁判所における裁判官が調停委員として夫婦間に介入し、互いの主張をまとめることで離婚の合意を目指す離婚方法をいいます。離婚調停では、離婚そのものの合意はもちろん、未成年の子どもの親...

  • 離婚手続の流れ

    離婚には、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚という4種類の方法が存在します。それぞれについて、その概要と手続きの流れについてご紹介します。 〇協議離婚について協議離婚は、夫婦間で離婚することについて話し合い、合意に達したのち離婚を届け出る手続きをいいます。具体的には、夫婦間で離婚について話し合い、離婚の合意が...

  • 離婚の原因

    離婚には協議離婚、裁判離婚など様々な方法がありますが、夫婦の一方による離婚の提案が当事者間でうまくまとまらなかった場合には、最終的には離婚できるか否かを法律に基づき裁判所が判断する必要があります。 そこで、民法では離婚できる場合について、以下のように規定されています。〇配偶者に不貞な行為があったとき不貞な行為とは...

  • 不動産トラブルは弁護士に相談すべき

    裁判や調停に発展した場合に、そのまま代理人として出廷してもらえる話し合いによる解決が不可能であった場合には、調停や裁判などを利用することで、最終的な権利関係についての確定をすることとなります。このような事態に発展することに備えて、弁護士に事前に依頼をしておくことで、一から弁護士を探す手間も省けますし、交渉や話し...

  • 破産管財人とは

    自己破産において、管財事件や少額管財事件を用いた場合には、裁判所に自己破産手続きの申し立て後に、破産管財人と呼ばれる人との面談があります。自己破産手続きをお考えの方としては、破産管財人とはどのような人なのか不安になる方がいらっしゃいます。当ページでは破産管財人について解説をしていきます。 ◆破産管財人とは破産管財...

  • 自己破産のデメリット

    裁判所によって自由財産の拡張が認められた財産⑤破産管財人によって破産財団から放棄された財産が挙げられます。 家具や電化製品などの生活必需品は差押え財産に当たり、残すことができます。しかしながら、電化製品については原則として1点しか残すことができません。 ・差押えの対象となる財産自己破産をした際に差押えの対象とな...

  • 自己破産とは

    ただし、少額管財を利用するためには、弁護士に自己破産を依頼しなければならないということ、また運用されている裁判所は一部であるという点に注意しなければなりません。自己破産の申し立ては、申立人のお住まいの住所を管轄する裁判所に対して行うため、その裁判所が少額管財事件を取り扱ってない場合には利用することができません。

  • 早めに弁護士に債権回収を依頼すべき事案

    当事務所は、大阪市を中心とした大阪府はもちろん、芦屋市、西宮市、神戸市といった兵庫県や、京都府、奈良県など関西地域にお住まいの方からご相談を承っており、上記の他にも、離婚や遺言、金銭トラブル、企業法務や債権回収など様々な法律問題について対応を致しております。債権回収でお悩みの方は、河原誠法律事務所までお気軽にお問...

  • 債権回収に強い弁護士の選び方

    当事務所は、大阪市を中心とした大阪府はもちろん、芦屋市、西宮市、神戸市といった兵庫県や、京都府、奈良県など関西地域にお住まいの方からご相談を承っており、上記の他にも、離婚や遺言、金銭トラブル、企業法務や債権回収など様々な法律問題について対応を致しております。債権回収でお悩みの方は、河原誠法律事務所までお気軽にお問...

  • コーポレートガバナンス

    そして、企業法務に関する相談のほかに、自己破産や不動産トラブル(相続含む)、離婚、遺言、債権回収、金銭トラブルなどにまつわる業務も取り扱っています。企業を経営するにあたって、法的問題の処理や法的手続きは、常に必要となってきます。顧問弁護士がいれば、会社経営のお手伝いをすることができます。お困りの際は、河原誠法律事...

  • 契約書作成・審査、交渉サポート

    そして、企業法務に関する相談のほかに、自己破産や不動産トラブル(相続含む)、離婚、遺言、債権回収、金銭トラブルなどにまつわる業務も取り扱っています。企業を経営するにあたって、法的問題の処理や法的手続きは、常に必要となってきます。顧問弁護士がいれば、会社経営のお手伝いをすることができます。お困りの際は、河原誠法律事...

  • 男女間金銭トラブル・借金の悩み

    個人間のお金の貸し借りの中でも、男女間の金銭トラブルは解決が難しいといえます。なぜならば、借金なのか贈与なのか客観的に判断しづらく、また、当事者同士で勘違いも生まれやすいからです。 特に、男女間の貸し借りでは、関係性の親密さから、貸し借りにあたって借用書などの書面を作成していないことがほとんどです。 そこで、金銭...

  • 遺言書の作成を弁護士に依頼するメリット

    当事務所は、大阪市を中心とした大阪府はもちろん、芦屋市、西宮市、神戸市といった兵庫県や、京都府、奈良県など関西地域にお住まいの方からご相談を承っており、上記の他にも、離婚や遺言、金銭トラブル、企業法務や債権回収など様々な法律問題について対応を致しております。遺言書の作成についてお考えの方は、河原誠法律事務所までお...

  • 公正証書遺言の効果とは

    当事務所は、大阪市を中心とした大阪府はもちろん、芦屋市、西宮市、神戸市といった兵庫県や、京都府、奈良県など関西地域にお住まいの方からご相談を承っており、上記の他にも、離婚や遺言、金銭トラブル、企業法務や債権回収など様々な法律問題について対応を致しております。公正証書遺言の作成についてお悩みの方は、河原誠法律事務所...

  • 不動産トラブルの種類

    当事務所は、大阪市を中心とした大阪府はもちろん、芦屋市、西宮市、神戸市といった兵庫県や、京都府、奈良県など関西地域にお住まいの方からご相談を承っており、上記の他にも、離婚や遺言、金銭トラブル、企業法務や債権回収など様々な法律問題について対応を致しております。不動産トラブルでお悩みの方は、河原誠法律事務所までお気軽...

  • 不動産トラブルの事例

    当事務所は、大阪市を中心とした大阪府はもちろん、芦屋市、西宮市、神戸市といった兵庫県や、京都府、奈良県など関西地域にお住まいの方からご相談を承っており、上記の他にも、離婚や遺言、金銭トラブル、企業法務や債権回収など様々な法律問題について対応を致しております。不動産トラブルでお悩みの方は、河原誠法律事務所までお気軽...

よく検索されるキーワード

Search Keyword

資格者紹介

Staff

河原 誠先生の写真

河原 誠Makoto Kawahara

私は、大阪市、芦屋市、西宮市、神戸市を中心に「クライアントの皆様と一緒に悩み考え、クライアントの皆様にじっくりとご説明し、結論に納得していただくためにオーダーメイドの事件処理をする」をモットーに幅広い法律問題に対応しています。
ご依頼者様の利益を第一に考え、早期解決のため尽力いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

所属団体
  • 大阪弁護士会 子どもの権利委員会
  • 大阪弁護士会 法律援助事業・日本司法支援センター対応委員会 委員(少年担当)
  • 大阪弁護士会 刑事弁護委員会 当番弁護士・委員会派遣事業審査担当
  • 大阪弁護士会 刑事弁護委員会 刑事弁護援助金審査担当
  • 大阪弁護士会 紛議調停委員会
  • 大阪弁護士会 市民窓口担当員
  • 社会福祉法人みおつくし福祉会 弘済のぞみ園、同みらい園 第三者委員
  • 芦屋市 市長等倫理審査会(2012年4月~2022年3月)
  • 大阪家庭裁判所 家事調停委員 (堺支部担当)
  • 法務省法制局 大阪少年鑑別所視察委員会 委員長
経歴
  • 1986年(昭和61年) 関西大学法学部卒業
  • 1993年(平成5年) 司法試験合格
  • 1994年(平成6年) 最高裁判所司法研修所
  • 1996年(平成8年) 弁護士登録(修習48期)。木村法律事務所就職
  • 2002年(平成14年) 事務所設立

事務所概要

Office Overview

名称 河原 誠法律事務所
代表者 河原 誠(かわはら まこと)
所在地 〒530-0047 大阪市北区西天満三丁目4番5号
大栄・西天満BLD.8階
連絡先 TEL:06-6362-1171/FAX:06-6362-1172
対応時間 平日9:30~18:00(事前予約で時間外対応も可能です)
定休日 土・日・祝(事前予約で休日対応も可能です)
アクセス 地下鉄谷町線「南森町」同堺筋線「北浜」
JR「大阪天満宮」
京阪電車「北浜」「なにわ橋」
上記それぞれ徒歩10分前後です。